舐めサラの入り口【クリック】

ブログの文字数は多い方が良いの?1,000文字くらいでもいいの?

https://alwaysclimb.net/wp-content/uploads/2020/01/gakkari.jpg
サラリー君

ブログの適正文字数ってどれくらいがベストなの?

https://alwaysclimb.net/wp-content/uploads/2020/01/icon.jpg
Climb

一般的には3,000文字と言われていますね。ですが、文字が多ければ良いっていう問題ではありませんよ。

ブログ文字数がSEO対策として有効なのか?
という疑問を抱かれていると思いますが、
私は直接的な影響は無いと考えます。

文字数がGoogleに評価されるなら、
とりあえず1万文字の記事を量産してれば、
サイトパワーも上がっていくでしょう。

しかし、現実はそんなに甘くありません。
1万文字書いてもユーザに嫌われたら、
そこで終わりなんですよ。

【動画】SEO対策:文字数について

一般的な目安は3,000文字

2020年現在、一般的なブログの文字数は、
3,000文字が良いとされていますね。

トレンドブログは1,000~1,500文字

トレンドブログは1,000~1,500文字を目安に
記事を作成しましょう。

書いた記事の中で継続したアクセスが、
見込めそうなモノに限り3,000文字まで追記。

文字が多いダケでは意味が無い

文字数が多いダケで中身が伴わない記事は、
読者の直帰率が高くなるのでGoogleの評価も
下がっていきます。

なので、文字数が多いだけの記事では、
SEOにとって何もメリットがありません。

ユーザを考慮して書いた結果文字数が増えた記事は最強

読者に届けたい事を書き綴った結果、
文字数が大幅に増えた記事こそがSEO的に
効果があります。

やはり、ユーザビリティを意識した執筆が
何よりも重要だという事ですね。

SEO対策:文字数についてまとめ

文字数が多ければSEO的に有利という
訳ではありませんのでご注意ください。

  • 一般的な文字数は3,000文字
  • トレンドは1,000~1,500文字
  • ユーザ目線で記事を書く事が何より大切

SEO対策は、常にユーザビリティを考慮!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です