舐めサラの入り口【クリック】

WordPressで記事投稿が真っ白になった時の対処法!Gutenbergを使いたい人向け

WordPress5.4.1に更新した直後…記事投稿画面が真っ白になり、新規投稿も過去記事の編集も出来なくなってしまった…。

当ブログにはクラッシックエディター(TinyMCE)で書いた記事と、新エディター(Gutenberg-グーテンベルク)で書いた記事が混在しています。

WordPressプラグインの【Classic Editor】を適用する事で、とりあえず記事投稿の真っ白現象は回避できました。しかし、私はGutenbergが使いたい!

という事で、同じ状況に陥ったGutenberg大好きな人間に、対処法をご案内。

WordPress4.5.1更新で記事投稿が真っ白に…

次のような症状にお悩みの方。

WordPress更新
WordPressで記事作成を選択
WordPress投稿
画面が真っ白!
WordPress記事投稿画面真っ白

WordPressプラグイン【ClassicEditor】を使えば、記事投稿画面は表示できるようになります。しかし…Gutenbergで書いた記事は、グチャグチャ…。

Gutenbergのプラグインを入れたら解決!

WordPressプラグイン【Gutenberg】をインストールする事で解決しました。
なぜ、わざわざプラグインを入れないと駄目なのか…理由は分かりません。WordPress5からGutenbergがデフォルトのエディタのなんですけどね。

WordPressプラグインClassicEditorの停止

入れてなかった人は不要。

プラグインの新規追加

WordPressのダッシュボード ⇒ プラグイン ⇒ 新規追加

デフォルトで表示されるGutenbergをインストールし有効化
WordPressプラグインGutenberg

これでGutenbergで作成した記事も、ClassicEditorで作成した記事も、両方編集可能になりました。WordPressプラグインの【ClassicEditor】は無効化するか削除しておいてくださいね。でないと、Gutenbergが有効化されません。

まとめ

WordPressを更新して、Gutenbergが使えなくなったら、WordPressプラグインのGutenbergをインストールしましょう。

多くの人が、ClassicEditor派だと思うから困る人は少ないだろうけど。Gutenberg推しな方のお役に立てれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です