舐めサラの入り口【クリック】

メタディスクリプションは書くべき!でもサイトパワー弱かったら後回しでOK

サラリー君
サラリー君

メタディスクリプションはSEO効果無いんでしょ?じゃぁ書かなくてもいいよね?

Climb
Climb

ご存知の通り「SEO対策」としては優先度は低いです。検索エンジンからの流入を少しでも増やしたければ書くべきです。

SEO対策としてメタディスクリプションを
書く必要はありません。

理由は、Googleがメタディスクリプションの
キーワードを見ていないからです。

Googleが注目していない情報をわざわざ、
入力する必要は無いですよね。

しかし…メタディスクリプションは、
書き方次第で恩恵を得る事があります。

【動画】SEO対策:メタディスクリプションについて

メタディスクリプションとは

メタディスクリプションを簡単に説明すると
【記事の説明】になります。

WordPressの記事投稿画面の一番下に、
次のような項目がありますよね?

メタディスクリプション入力欄

ココに入力した内容が検索結果に
反映される事があります。

記事の説明がしっかり書かれていると、
その内容見た検索者がアクセスしてくれる
可能性が高まりますよね。

なので、メタディスクリプションは、
書かないより書いていた方が良いです。

メタディスクリプションに入力すべき内容

メタディスクリプションには、
検索者の心理を付いた文書を書きましょう。

  • 思わずクリックしたくなるような文章
  • 共感ができて続きが読みたくなる文書
  • 解決策について詳細が知りたくなる文章

Googleの評価対象外なのでキーワードを
羅列しても意味がありませんね。

検索者心理に刺さる文書を心がけましょう。
その結果、1PVの獲得に繋がります。

SEO対策:メタディスクリプションについてまとめ

メタディスクリプションについてまとめると、

  • 書かなくてもよい(必須ではない)
  • Googleの検索順位に影響しない
  • 正しく書けばアクセスUPに繋がる

以上になります。
ドメインパワーが弱いうちは、
あまり気にしなくて良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です