舐めサラの入り口【クリック】

パチンコに行きたくない!でも辞めれないアナタへ

 どうもClimb(クライム)です。

  • パチンコで生活費を使い切ってしまった
  • ダメだと分かってても…パチンコに行ってしまう
  • 行きたくない!でも辞められない!
  • このサイクルから抜け出したい!
  • なんて愚かな人間なんだ…

と自己嫌悪に陥ったあなたに読んで欲しいです。

私も19歳~21歳までは朝からパチ屋に並んでいました。
当時は楽しくて仕方なかったんですね。
1日の最高負け額は5万円です。少ない方だとは思ってます。
でも、20歳前半のサラリーマンには痛い出費でした。
(しかもウチの会社、高卒初任給って手取りは9万円なんですよ。泣)

ボロ負けしたときは、

『あぁ…マジ何やてんだろう。
  時間とお金を機械にぶち込んだだけじゃん』


と酷く落胆し負けた5万で何ができるか考えると
すごーーーく、すごーーーく、虚しくなりましたね。
が、もちろん辞める事はできずにズルズルと搾取され続けました。

最終的には『パチンコ屋に行きたくない』と思うまで負けたのですが、
それでも「お金を捨てに毎日パチンコ屋へ出勤」する始末。

給料日前は、「負けていい金額」を逆算しホールへ向かいます。
負ける前提なんて本末転倒ですよ。今思い返すと本気で恥ずかしい。

辞める努力も色々しましたが、もはや中毒症状なので、
暇さえあればパチ屋に行く習慣ができていたんですね。

あなたに伝えたい。
過去の私のような状態になってしまったら自分の力だけで、
「パチンコに行かない」状態を作るのは困難です。

まずは、自分の心の弱い部分を再認識するしかないです。
負けを認めましょう。失ったお金を取り戻す事は不可能です。
それは、あなたも気付いているハズです…。

もう、その辺のブログに記載された「新しい趣味を見つける」
という一般論であなたがパチンコを辞める事はまず、無理でしょう。

ギャンブル中毒は治るのか?

 率直に持論を述べます。『ギャンブル中毒は治りません。』

「ギャンブル中毒に効く薬」こんな物があったら直ぐに買うし、
飛ぶように売れるだろうが、こんな薬は存在しませんよね?

「覚せい剤や麻薬の中毒を治す薬」がこの世に存在しないのと
同じでギャンブル中毒も治らないものと考えた方がいいです。
だから、そもそも手を出したらいけないんだと思います。

子育て世代には、タバコやお酒の教育に合わせて、
ギャンブルの教育をした方が良いと訴えたいですね。

だからと言って、「ギャンブルはダメ」と頭ごなしに
否定するやり方は返って逆効果です。
お金の価値観や稼ぎ方をしっかり植え付けて欲しいと思います。
(子供の教育の話は脱線するのでここで終了ーー)

薬物中毒と同じで、一度ハマると抜け出せないのがギャンブル中毒です。
この記事をココまで読んでるアナタは手遅れなのかもしれませんが…。

 たまに、ギャンブル中毒が『治った!』という人もいる。
これは『行かなくなった』だけで、本心はやりたいハズ…。
もう一度手を出すと再び泥沼にハマってしまうでしょうね。

ギャンブル中毒に陥る原因は脳内物質にあります。
パチンコやスロットでプレイヤーにとって良い状態になると、
ドーパミンが大量に分泌され脳が快楽を感じ興奮状態に。
脳汁ってやつですね。笑

良い例が、負け越した状態からの逆転勝利です。
5万円負けた状態のどんよりとした1ミリも楽しくない気持ちを想像して下さい。
その状態から2万発取り戻す事ができたら…脳汁ドバァーですねw

この脳汁の快感を1度でも味わうと「脳がそれを求める」ようになります。
『気持ちいい事もっとしたい』と考えてしまう、いわゆる変態です。
S〇X中毒者とギャンブル中毒者は同じです。笑

ん?ちょっとまって、コレってお金関係無くない?
私たちが欲しかったのは『気持ちいい』という感情だよね?
じゃぁさ、負けた時ってなんで『嫌な気分』になるの?

では、ギャンブルとお金の関係を考えてみましょう。

旅行で使う10万円の価値とギャンブルで使う10万円の価値

 旅行とパチンコを比較してみましょう。

旅行で得る物は、『非日常を体験できる絶景やアトラクション』
『良い旅館やホテル』『おいしい食事』『家族や友人たちとの思い出』など、
すごく好印象ですね。

海外旅行であれば、現地の生活に触れ人生観が変わる可能性もあり、
とにかくプラス要素だらけです。

一方、パチンコだと…得る物は『興奮』と…他は??
あったとしても「勝った時のお金」ぐらい。
(パチスロも競馬もギャンブルは同じ)

こうやって比較すると、パチンコがどれだけ『惨めな趣味』か分かります。
心臓にパチンコ玉を1万発擦り込まれたような気分だ…。
んぐぅ…ってなるやつ。

ギャンブルをしない人から見たら『バカ』でしかない。

『ほかの事に使えばもっと楽しめるのにな…一瞬の快楽を得る為だけに、時間もお金も無駄にして…馬鹿じゃん』

と周囲は思っていますよ。確実に。
他人の評価が下がり、お金も減って生活は困窮、全く良い事などない。

なぜパチンコを辞めたいのか本当の理由を考えてみる

 パチンコを辞めたい人の大半は心のどこかで『世間体』を気にしていると思います。そして、意志が弱く、真面目な人が多い印象ですね。

 ・辞める決意をしても意志が弱いので続かない
 ・真面目だからパチンコ攻略雑誌や攻略サイトの確率論を鵜呑みにする
 ・真面目だらかパチンコの愚かさにも気づいている

もちろん、私も上記に該当しますよ。中毒者なので。笑
仲のいい友人とこんな会話をした事がああります。
※Aさんは私。Qさんは友人

 Qさん:Aさんはさぁ、パチンコ大好きなのに、なんで辞めたいんですか?

 Aさん:お金が無くなるから

 Q さん :お金が無くなったら借りればいいじゃないですか?

 A さん :借金はしたくない(している人もいるけど)

 Q さん :なぜ借金はしたくないんですか?

 A さん :借金って世間体が悪いし、恥ずかしいよね…。

 Qさん:お金があったらまた行っちゃいますよね?パチンコ。
     それじゃ、辞めれないですよね…。

 Aさん:ん…ぐぅ…

断言します!
Aさん(私)と同じ考えで『辞める』と言う人は、
まずパチンコを辞めることはできません。
『お金がない』のが本当の理由で、パチンコを否定できていないからです。

パチンコを辞める理由が「金銭問題」である以上、
ある程度、お金に余裕ができれば逆戻りしてしまうでしょう。

それなら、「パチンコ好き」であることを認めた上で、
ムリなく付き合いつつ距離をおいていくのが良いです。

パチンコに行ってしまうのは仕方がない

 今、あなたがパチンコ屋に行かないと努力しているのなら、
おそらくその努力は報われないと思います。
「パチンコに行きたくないのに中毒だから行ってしまう」
心と体の動きが矛盾した状態でその努力がストレスになり、
パチンコの面白さ(ストレス発散)を加速させてしまうでしょう。

過度のダイエットからのリバウンドと同じですね。

「行ってしまう」のは中毒症状だなので、「行って当たり前」なんです。
ならば、入店した後のルーティンを決めておき「打たないモチベーション」を作る努力をしてみては?

パチンコ屋に入ってしまった時のルーティン(例)

深呼吸

深く深呼吸をします。まずは、落ち着きましょう。落ち着かないと良台を確保できません。心を静めてデータロボを見極める準備をします。
※この段階では打つ気満々でOK

客が一番付いている島を探し客を見る

一番人気の島に行きましょう。そこで遊戯中の他人を観察します。背筋やハンドルの握り方や目の輝きなど、事細かに観察しましょう。

楽しそうな人が居なかったら帰る

新しいオモチャを買ってもらった子供の様に、目をキラキラさせて楽しそうに打ってる人が居たら、打ってもいいかもしれませんね。でも、そんな人居ますか?死んだ魚の目をしたまま、ハムスターが滑車を回すように、人間ハム男と人間ハム子がひたすら上から落ちていく玉を目で追ってます。笑。
滑稽ですよねw

アナタも惨めな人間ハムスターの一員になりますか?

パチンコに行く時間を作らない努力をする

暇な時、パチンコ・パチスロの事を考えてしまうのなら、
『暇な時間を消す』努力をするしかないです。
物理的にパチンコ屋に行けない状況をつくりましょう。

でも、趣味はダメです強制力がありません。
ギャンブル中毒の症状は理性より強いので、
ただの趣味であればギャンブル欲が勝ちます。

そこで、サラリーマンにオススメなのは「残業」ですね。
夜の22時までしっかり働けば、パチンコ屋も閉店前なので行く気にならない。
土日は休日出勤で22時まで働こう!…って言うのは冗談。

 働き方改革や労基法改正によって、「残業」ができません。
なので先ほど例に挙げた「死ぬほど働いて死ぬほど稼いでパチンコを忘れる」
という方法は令和の世の中では通用しませんね…。

では、どうすればいいのか?
私が推奨するのは「副業」です。副業と一口に言っても種類は様々です。
『FXと株式投資』はオススメしません。
私はこれらで120万円くらい溶かしています。

FXも株も「銘柄を選んで買う」だけ。
これは、台を選んでお金を入れるパチンコと何ら変わりがない。
パチンコ台も選べない人間に、投資銘柄を選ぶのは不可能ということです。
(ちゃんと勉強すれば別です)

「労働をしてその対価(報酬)を得る」副業をオススメします。
そして、副業で儲かるようになれば、パチンコ・パチスロも
お金を気にせず楽しめるようになる!

「お金を気にせず楽しめる」状態になってしまえば、
負けた時の虚無感が弱くなり、自己否定する回数も減るハズ
『パチンコ屋に行きたくない』という悩みから解放されるに違いない。

副業で忙しくなった暁には、
『副業があるからパチンコなんか打ってる暇ねぇ!』
と胸を張って主張できるようになると思います。

追伸:お給料とは別に10万円の副収入を作るには?

副業の話をしたので、ついでにサラリーマンにオススメの副業をご紹介します。
私も現役サラリーマンで、本業は朝9時~夜20時くらいまで毎日働き、隙間時間に副業をして、月収10万~30万を稼ぐ事ができています。

その副業は「アフィリエイト」です。1日1時間~2時間の作業で月収10万円をコンスタントに稼ぐ事ができるようになります。更に、月収10万円達成後には、記事執筆を外注化し半自動でこの月収10万円以上を手にする事も可能です。

ここまで稼げたら、パチンコの負け額が可愛く見えてきます。

『俺もアフィリエイトやってみたい』と思ったあなたに…朗報です

今だけ限定で!知識ゼロからでも、PC1台のみで月収10万円が稼げるようになるアフィリエイト基礎ノウハウ無料で提供しています。

 そのノウハウとは、私が本業の合間に作った、動画付き教材舐めサラ。マニュアル』。月収10万円を稼ぐ基礎知識を凝縮した教材となっています。こちらの教材を、

詳細は、以下のバナーから私のメールマガジンへご登録ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です