舐めサラの入り口【クリック】

Googleサーチコンソールの機能説明!平均CTRの意味について

https://alwaysclimb.net/wp-content/uploads/2020/01/bikkuri.jpg
サラリー君

GoogleサーチコンソールはURL検索以外、何に使うの?

https://alwaysclimb.net/wp-content/uploads/2020/01/icon.jpg
Climb

ブログにアクセスがあった、検索キーワードを確認できますね。他にも様々な分析ができますよ。

Search Console(サーチコンソール)は、
Googleのクローラを執筆直後の記事に呼び、
インデックスする処理をしてくれますね。

その他にも「検索キーワード」を調べたり、
記事タイトルの品質チェックなどが可能。

サーチコンソールが提供する項目の意味を
しっかり理解して使えば、
最強のSEO対策ツールに化けます。

【動画】Googleサーチコンソールの機能説明

Google Search Console(サーチコンソール)ので分かる事

  • 合計クリック数
  • 合計表示回数
  • 平均CTR
  • 平均掲載順位

Web検索における重要な指標です。

合計クリック数

検索結果から記事がクリックされた回数。

合計表示回数

検索結果に記事が表示された回数。

平均CTR

合計クリック数 ÷ 合計表示回数 

平均CTRは高い方が優秀である。

平均掲載順位

検索された際の平均検索順位。

Googleサーチコンソールで分析できる事

Googleサーチコンソールを活用した、
データ分析の例です。

①タイトルが面白くない記事

  • 合計表示回数が多い
  • 平均掲載順位が高い
  • 平均CTRが低い

このような記事は、
記事タイトルがダメな可能性があります。

検索者の目に止まるのにクリックされない。
理由は、記事タイトルがつまらないから…。
この場合はタイトルを改善しましょう。

②将来アクセスを運ぶ優良記事

  • 合計表示回数が多い
  • 平均掲載順位低い(10位以内)

検索需要がある記事です。
しかし、サイトパワーが弱く、
掲載順位が低迷していますね。

サイトパワーを上げて、
掲載順位を上げれば安定したPVを運ぶ
コンテンツに化ける事が分かります。

リライトして記事品質を上げるのも
掲載順位底上げには効果的ですよ。

まとめ

このように、Googleサーチコンソールの
「検索結果」と向き合いデータ分析を
正しく行う事で弱点や強みが見えますね。

しっかり分析してSEO対策を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です