舐めサラの入り口【クリック】

ブログ記事作成の外注化で月収20万越え

 どうも、舐めサラリーマンのClimb(クライム)です。
ブログ記事作成を外注さんに、全てお任せして月収20万円以上を達成しました。月収10万円だと「脱サラ」は程遠く感じますが、20万円を超えてくると少し「脱サラ」を意識しちゃいます。

 でも、20万円で『脱サラ』はギャンブルだと思います。やはり「脱サラ」には月収100万くらいが必要になってくると思いますので…。私はまだまだ「舐めサラ」の域を脱せないという事です。…うぬ。頑張りましょう。

 この記事では、完全外注化までの道のりを紹介しす。私のような半分サラリーマン、半分個人事業主としての生活を目指す方の参考に成れば幸いです。

[PR]Climbの稼ぎ方を学べる無料メールマガジン

まずは、20万円達成の証拠をどうぞ…

 2019年7月のGoogle AdSenceの収益が24万7千円です。20万円以上稼ぐ事は珍しくないのですが、外注さんのみで20万円超えは始めての出来事でした。

 この間私がやった事は、

  • 記事の添削とアップロード

これだけ。あとは外注さんが全部やってくれて、気が付いたらめっちゃ儲かってるじゃん!という状態です。

毎週土日に30分程度やり取りをするだけなので、私の時給は…

30分×土日(2日)×4週で20万 ≒ 時給5万円

正直、言ってむっちゃくちゃ楽でした。(笑)

ブログの完全外注化運用への道のり

 私がブログを完全外注化した道のりを順を追ってご紹介しますね。といっても、アフィリエイトやネットビジネスの修行期間から始まりますので、少々長く感じるかもしれません。

アフィリエイト入門

 いきなり外注化!という訳にはいかず、ちゃんと私も記事を執筆していた時代がありました。最初は『トレンドアフィリエイト』と呼ばれるアフィリエイト手法で月収10万円を目指し、毎日1記事必ず書いていました。

 この「トレンドアフィリエト」で私はインターネットを使ったビジネスに必須とされるスキルや知識を吸収していきました。なので、これから入門する方にも、この「トレンドアフィリエイト」をオススメします。

儲かるジャンルを選定する

 トレンドアフィリエイトで月収10万円を達成した後、ジャンル特化型のサイトを立ち上げるため、儲かりそうなジャンルを必死に探し続けました。これが一番しんどい作業です。

 『儲かるジャンル教えてください』と聞いて教えてくれる人なんていないので(笑)、自力で探すしか無いんですよね。日々、twitterやfacebookなどのSNSで情報収集をしていましたね。

 もちろん、この間もトレンドアフィリエイトのサイト更新は継続しています。

ジャンル特化サイト立ち上げ

 遂に勝負するジャンルが決まったので、 新たにサイトを立ち上げます。この時に、『記事の構成』や『取り上げるネタの方向性』などをしっかり決めておくのが重要です。外注化するにはある程度、記事の構成やフォーマットを決める必要があります。

 外注さんに「何となくいい感じで記事書いといて」とは指示できませんからね…。「最初の見出しは〇〇色で文字の太さは…」と事細かに伝えないといけません。

 なので、立ち上げ時にしっかりサイト構成を練っておきましょう。

ジャンル特化サイトを育てる

 サイトの構成が決まった直後の外注化はNGです。まだ、決めたサイト構成が世間に受け入れられるかは分からない状態です。確実に「稼げる」と確信が持てるまでは、自分で記事を書いていきます。

 この段階である程度、サイトを育てる事ができれば、外注さんの書いた記事でもしっかりアクセスを集める事ができます。実はこの工程、かなり重要なんです。

 アクセスの集まる記事をピンポイントで執筆し、一気にアクセスを集めてサイトパワーを押し上げていきます。そのためには、前述した「トレンドアフィリエイト」の知識とスキルが必要不可欠です。

外注化の準備を進める

 月収で5万円くらい稼げるサイトになったら、外注化の準備を進めていきます。まず必要になるのが、『作業マニュアル』です。外注さんが快く仕事ができるよう、仕事の流れと作業内容を理解できる資料を準備します。

 この「作業マニュアル」は、テキストファイルで都度作成するのではなく、作業マニュアル用のWebページを一つ作成しておきましょう。そうすると、外注さんの入れ替わりにもスムーズに対応できます。

 動画や画像をふんだんに使うと分かりやすいマニュアルになりますよ。

外注さんを募集する

 さて、作業マニュアルができたら、いよいよ外注さんを探しましょう。どこで探すのか…手っ取り早いのが「ランサーズ」や「クラウドワークス」です。ここでブログ記事執筆案件として募集をかけます。

 報酬は自分が依頼する作業と、同じような案件と同じ水準にしましょう。報酬が安すぎると「良いライター」さんは来てくれません。

外注さんを教育する

 作業をお願いする外注さんが決まったら、次は教育です。日々の記事のクオリティを確認し、修正箇所はしっかり指摘。次の記事で同じミスをしないようにお願いしてください。ここで、作業マニュアルに存在しない事を指示すると契約違反に成りかねないので注意してくださいね。

 あと、意外と重要な事が「しっかり成果を褒めてあげる事」誰でもできるような簡単な作業であっても、ちゃんとやり遂げてくれた事に対して敬意を表しましょう。相手も人間なので、信頼関係を作る事が重要です。

外注さんに任せる

 長期で続けてくれる外注さんと、信頼関係が生まれていたら、サイトの記事更新を一任できます。その代わり、それなりの報酬を出してあげるようにしてください。

[PR]Climbの稼ぎ方を学べる無料メールマガジン

完全外注化で最も重要な事

 以上が外注化の道のりです。私の経験上、最も重要な事は『相手も人間なのでちゃんと対応してあげる事』これに尽きます。まれに、外注さんをモノのように扱っている人がいますが、心地良い環境を提供してあげないと、優秀なライターさんがすぐに辞めてしまいます。

 会社と一緒で「デキる人」をどれだけ長期で囲っておくかが重要なんです。サイト運営をやってる時点で、ある意味「経営者」ですので、外注さんとうまく付き合う為にもコーチングスキルやマネジメントスキルを磨く事をオススメします。

2 COMMENTS

climb

山本様
コメントありがとうございます。メールマガジンにご登録頂いておりますので、そのメールの内容に沿って実践をお願い致します。メールは2日に1通ずつ送付されますので、メール内のカリキュラムに従い学習を行なって下さいね。よろしくお願いいたします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です