舐めサラの入り口【クリック】

読者が飽きない記事構成!離脱率を低くするテクニック

読者が飽きない

https://alwaysclimb.net/wp-content/uploads/2020/01/gakkari.jpg
サラリー君

プロブロガーみたいな記事を書く方法を教えて。記事構成はどんな感じがベストなの?

https://alwaysclimb.net/wp-content/uploads/2020/01/icon.jpg
Climb

ブログ初心者の悩みですね。記事構成に正解は無いですが、実績のあるブロガーの記事構成をマネするのが一番です。

ブログ初心者が最初にぶつかる壁が2つ。

  • サイトデザイン
  • 記事構成

残念な事に、「正解」はありません。
自分にとって居心地の良い、ブログやサイトをマネするのが一番です。
「舐めサラ。ブログ」の記事構成も他のサイトを研究しマネしています。

この記事では、マネするだけでプロっぽくなる記事構成をご紹介します。

読者が飽きない記事構成

記事構成

私が推奨する記事構成は以下。

  1. 記事の冒頭文
  2. 箇条書き
  3. 見出し
  4. 見出し画像
  5. 箇条書き
  6. まとめ

※3~5は繰り返し

本ブログも「コラム系」はこの構成に沿って執筆しています。

記事の冒頭文の構成

まずは、冒頭文の構成から解説します。
記事冒頭文は次の順番。

  • 読者の悩み吹き出し
  • それに対するコメント
  • 本文で軽い補足説明
  • 箇条書きorツイート

吹き出し、箇条書き or ツイートを使う事で、
視覚的に飽きずに読み進める事ができます。

吹き出しのポイントは、読者の悩みを簡潔に砕けた表現で書く事。
最初に、読者の共感を得ておけば最後まで読んで貰えます。

見出し直後には必ず画像を入れる

見出しの直後には必ず画像を入れます。
これも読者を飽きさせないための工夫です。

見出しの内容を連想できる画像で、
他の画像とサイズを均一にする事が重要。

  • 関連性の無い画像
  • サイズが整ってない画像

上記2点は絶対にダメ。

食事中にカエルの解剖を見たような気分。
非常に居心地が悪い。

ね?想像しただけで吐きそうになるでしょ?
だから、画像はちゃんと選んでくださいね。

画像サイズに関しては、
適切な画像サイズをご紹介」で書いてます。

箇条書きを多用する

箇条書きには次の効果がある。

  • 端的で分かりやすい
  • 視覚を飽きさせない
  • 整列するため統一感が出る

箇条書きを多用すると、勝手に分かりやすい文書になります。
ライティングスキルが無くても大丈夫。

離脱率を低くするテクニック

離脱率を低くする

ここまで読んだあなたは、次の事ができるようになりましたね。

  • 記事構成を整え
  • 視覚的に良い記事を書く

おまけに、内部リンクを貼って離脱率を低く保ちます。
離脱率が低いとGoogle先生から高評価されるので必ず内部リンクを活用しましょう。

関連記事のリンクを貼る

記事内容の詳細ページがあれば必ず内部リンクを貼りましょう。
カードタイプの内部リンク(以下)よりも、

テキストタイプの内部リンク(以下)の方がクリックされる確率が高いです。

(例)画像サイズに関しては「適切な画像サイズをご紹介」で書いてます。

関連記事に誘導する

内部リンクを貼る時の注意点。

  • クリックを強要しない
  • 記事の流れの一部に埋め込む
  • 関係の無いリンクを貼らない

「必ず読んでください」とか「超オススメです」とかはダメ。
強過ぎるオファーは読者が引くので宜しくない。

文脈に合わせ、さり気なく関連記事を紹介します。
無関係な関連リンクを貼るのは論外。

記事執筆スピードもUPする

執筆スピードUP

記事構成を決めると執筆スピードが格段にUPします。
構成が決まれば内容をタイピングするダケ。
ストレスが緩和され、記事執筆に集中できますね。

記事構成をテンプレート化する

記事構成をテンプレートとして定義しましょう。
私のテンプレートをマネして貰って全然OKです。

記事作成の手順を決める

基本はテンプレートに沿って記事を書いていきます。
詳細な手順を決めておくと記事執筆が「ただの作業」になり、
スピードが格段にUPします。

「超高速!記事作成手順」が効果的です。

まとめ

読者が飽きない記事構成について解説しました。
重要な事は以下。

  • 冒頭文を吹き出しから始める
  • 適度に箇条書きを使う
  • 見出し直後には必ず画像を入れる

この3点をマネして貰えば、「視覚的にストレスのない記事」を執筆できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です