舐めサラの入り口【クリック】

WordPress自動投稿ツール-初期設定手順-

こんにちは、Climb(クライム)です。この記事ではWordPress自動投稿ツールの初期設定手順を紹介します。大きく分けて3つの手順があります。どれも簡単ですので早速進めていきましょう。※スムーズに進めば15分程度で終わります

Xサーバーの設定

Xサーバーの海外からのアクセスを有効化します。

海外アクセスを有効化する理由

Googleスプレッドシートのサーバーが海外に設置されているため、Googleスプレッドシート上で動く本ツールは海外からWordPressへアクセスします。そのため、海外アクセスの有効化が必須です。

Xサーバーにログイン

まずは、Xサーバーのログインページからログインしましょう。

Xサーバーログイン画面
サーバー管理画面にアクセス

続いて、「サーバー管理」を選択します。

サーバー管理
WordPressセキュリティ設定

赤枠の「WordPressセキュリティ設定」を選択します。

WordPressセキュリティ設定
対象ドメインを選択

自動投稿ツールを利用するドメインを選択します。

対象ドメイン選択
REST APIアクセス制御の設定

「REST APIアクセス制御」の欄を「OFFにする」を選択し、「設定する」を選択します。

REST API設定
Xサーバー設定完了

「国外IPアクセス制御設定の変更が完了しました。」と表示されたら設定は完了です。

WordPressに自動投稿用ユーザを追加

自動投稿用のユーザIDを作成します。手順は簡単なのですが、本ツールの動作不良の9割がユーザIDの設定のミスとなっています。しっかり手順を確認しながら、進めてください。

ユーザ一覧を開く

WordPressにログインし、「ユーザ一覧」を開きます。

ユーザ一覧
ユーザの「新規登録」を選択
ユーザ新規追加
新規ユーザ情報の入力
  • ユーザ名:アルファベットで任意のユーザ名を指定してください
  • メール:架空のメールアドレスでも可(必須項目なので埋めます)
  • 名:任意の文字列を指定してください(テキトウで構いません)
  • 姓:任意の文字列を指定してください(テキトウで構いません)
  • パスワード:任意の文字列を指定してください
  • 権限グループ:必ず「編集者」を指定します

入力後、「新規ユーザーを追加」を選択します。

新規ユーザを追加
作成したユーザを選択
作成したユーザを選択
画面を最下部までスクロール
ここから設定ミスが発生しやすくなっています!

しっかり手順を確認しながら進めてください。

アプリケーションパスワードの新しいアプリケーションパスワード名に、今作成したユーザー名を入力します(例はTestUser)。

その後、「新しいアプリケーションパスワードを追加」を選択します。

すると、以下の様に、「(今作成したユーザ名)の新しいパスワード」が表示されますので、これをメモ帳にコピーします。※このパスワードは1度しか表示されないため、必ずこのタイミングでコピーしておいてください。

パスワードをコピーした後、「プロフィールを更新」を選択します。

WordPress自動投稿ツールのログイン情報を入力する

今作成したユーザ名と、パスワードをWordPress自動投稿ツールの「ログイン情報」シートに入力します。

  1. 「ログイン情報」シートを選択
  2. WordPressサイトURL:自動投稿するサイトドメインを入力
  3. 自動投稿ユーザID:今作成したユーザ名を入力(例は「TestUser」)
  4. 自動投稿ユーザIDパスワード:アプリケーションパスワード(※)を入力

(※)メモ帳にコピーしたパスワード

Google Apps Scriptの有効化

Gmailアカウントとスプレッドシート毎に、プログラムの実行許可を行う必要がありますので、必ず本手順を実施してください。※Google Workspaceをご利用中の場合、本手順は不要です。

WordPress自動投稿ツールの「自動投稿」ボタンをクリック
認証を求められたら「続行」を選択

承認画面の表示まで数秒時間がかかります。

Googleアカウントの選択

ログイン中のGoogleアカウントが表示されますので、クリックしてください。

※ログインしていない場合はログイン画面が表示されるのでログインしてください。

詳細を選択
wordpress_automaticposting(安全でないページ)に移動」を選択
「許可」する

これで、Google Apps Scriptが利用可能になります。

最後に動作確認をしましょう

動作確認を行います。設定したログイン情報に記載のドメインへ「はじめての自動投稿記事」というテスト記事の下書きを作成します。

「自動投稿」ボタンをクリック
メッセージが出力されたら「OK」を選択
WordPressの記事一覧を確認

自動投稿先ドメインのWordPressにログインし、投稿一覧を確認してください。「はじめての自動投稿記事」の下書きが存在していれば、設定完了です。※正しく動かなかった場合は、本記事の下部をご確認ください。

正しく動かない時の対処法

WordPress自動投稿ツールのB列に「エラーメッセージ」が表示されています。メッセージの内容に従い、設定内容の見直しを行ってください。

▼エラーメッセ―ジと対処法一覧▼

  • 【エラー内容】
    提供されたパスワードは無効なアプリケーションパスワードです。
    【対処方法】
    自動投稿ユーザIDのパスワードが間違っているので、再生成してください。
  • 【エラー内容】
    <strong>エラー</strong>: 不明なユーザー名です。もう一度確認するか、メールアドレスを入力してください。
    【対処方法】
    自動投稿ユーザIDが間違っています。確認してください。
  • 【エラー内容】
    サーバー設定、または、ログイン情報シートの記載内容が誤っています。
    【対処方法】
    Xサーバーの設定が誤っている可能性が高いです。再度手順を見直してください。
    Xサーバーで問題が解決できない場合は、ログイン情報シートのWordPressサイトのURLを再確認してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です