舐めサラの入り口【クリック】

WordPress自動投稿ツール-利用手順-

どうもClimb(クライム)です。WordPress自動投稿ツールの利用手順について解説します。初期設定未実施の方は「WordPress自動投稿ツール-初期設定手順-」の記事から実践してください。

自動生成の仕組みについて

まずは、本ツールの仕組みについて説明します。

本ツールはベースとなるHTMLに「オリジナルタグ」を定義し、そのタグを指定文字列に変換し記事を生成します。

まずは、事前準備として「HTMLの作成」と「オリジナルタグ」の設定を行っていきます。HTMLをゼロから作成する必要は無いのでご安心ください。

WordPressのビジュアルエディタ(ブロックエディタ)で作成した記事テンプレートをテキストエディタ(コードエディタ)に変換するだけです。

HTMLの作成

それでは、HTMLを作って行きましょう。普段WordPressで記事を作成する手順で見出しや本文を入力してください。

普段通り記事を作成する

普段通り「見出し」や「本文」を作成しつつ、記事毎に内容を変更したい箇所に、オリジナルタグを埋め込んでいきます。オリジナルタグは、必ず【tg〇〇〇】の形式で定義してください。

※以下のサンプルではオリジナルタグを赤文字で表記

コードエディタに変更しHTMLをコピーする

以下手順でビジュアルエディタをコードエディタに変換し、HTMLをコピーします。

  1. メニューを表示
  2. コードエディターを選択
  3. HTMLを全てコピー
    ※(Alt+a)→(Ctrl+C)で一括コピー可能

WordPress自動投稿ツールにHTMLを設定する

WordPrss自動投稿ツールの「HTMLテンプレート」シートを開いて「セルA2」にコピーしたHTMLを貼り付けます。

以上で、HTMLの作成は完了です。

オリジナルタグを設定する

続いてWordPress自動投稿ツールにオリジナルタグを設定していきます。「オリジナルタグ反映」ボタンを実行して頂ければ、一気にオリジナルタグを設定できます。

オリジナルタグの誤記に注意

HTML内に記載したオリジナルタグは必ず【tg〇〇】の形式にしてください。【tg〇〇】でなければオリジナルタグの自動反映ができません。

記事情報を入力する

それでは、自動投稿する記事情報を埋めていきましょう。本ツールで設定可能な項目は以下となっております。

  • 記事タイトル
  • パーマリンク
  • サムネイル画像
  • カテゴリID
  • タグID
  • 記事コメントの可否
  • 公開ステータスの指定(下書き or 公開)
  • 各種オリジナルタグの内容

自動投稿する

最後は「自動投稿」ボタンを押します。5分間で800~900記事まで自動投稿できますので、大量記事作成もあっという間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です