舐めサラの入り口【クリック】

WordPressの記事保存先データベースを特定する方法-エックスサーバー

この記事で分かる事
  • WordPressで執筆した記事が格納されているデータベースをXサーバー上で確認する方法

どうも、Climb(クライム)です。

最近する運営サイトが増えてきて、
管理するのが大変になってきました…。

 

  • トレンドブログ
  • 特化型サイト
  • 外注向けの作業説明用サイト
  • 舐めサラ起業家Climb’s One-mane Life(このブログ)

 

各サイトの記事数も多くなってきたので、
そろそろバックアップを取っておこう
と思い、Xサーバーでデータベースを
確認すると・・・

どのデータべ―スがどのサイトに
対応しているのかさっぱり分からない!

 

こんなお悩みを解決するために、
各サイトに紐づくデータベースの
確認方法をご紹介します。

 

WordPressの記事保存先データベースを特定する方法-エックスサーバー

 

手順1
サーバーパネルにログイン

X-サーバーにログインしサーバーパネルにアクセスします。

手順2
WordPress簡単インストールを選択

WordPress -> WordPress簡単インストール
を選択します。

手順3
対象ドメインの選択

WordPressはインストール済みだと思いますが、
データベースを調べたいドメイン
を選択します。

(例)本サイトのドメイン

手順4
MySQLを確認

モザイクで分かりづらいですが、
赤で囲んだ部分にデータベースの
名称が記載されています。

 

以上が、WordPressで作成した
サイト・ブログに対応する
データベースの確認方法です。

 

せっかく作った大切な資産は、
定期的にバックアップをする事を
お薦めします!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です