舐めサラの入り口【クリック】

ads.txtの設定方法を5分で解説!動画付き手順

どうも、Climb(クライム)です。
Xサーバー利用者向けにads.txtの設定方法を解説します。

https://alwaysclimb.net/wp-content/uploads/2020/01/gakkari.jpg
サラリー君

Google AdSenceにログインすると「 … のサイトで使用する ads.txt ファイルを作成する」って表示されるヤツ。意味わからないから、解決方法だけ教えてよ。

https://alwaysclimb.net/wp-content/uploads/2020/01/icon.jpg
Climb

本記事に沿って作業すれば数分で完了しますよ!

まずは、以下を準備しておいてください。

  • XサーバーのアカウントID
  • Xサーバーのアカウントパスワード

それでは進めていきましょう。

【動画】Xサーバーにads.txtを配置する方法

【テキスト手順】Xサーバーにads.txtを配置する方法

ads.txtを作成する

ads.txtのテンプレートファイルをダウンロード

Google AdSenceにログインしサイト運営者IDをコピー

Adsenceのメニューを開く
「アカウント」をクリック
「アカウント情報」をクリック
「サイト運営者ID」をコピー

【pub-0000000000000000】の部分をコピーします

adsence斉藤運営者ID取得

ads.txtにサイト運営者IDを貼り付ける

ダウンロードしたads.txtを開いて、「pub-0000000000000000」の部分にご自身のサイト運営者IDを貼り付けて、保存します。

adstxt

サイト運営者IDを貼り付けたら、ads.txtファイルを上書き保存する。

Xサーバーにads.txtを設定する

Xサーバーにログイン

Xサーバーアカウント、Xサーバーアカウントパスワードを入力し、Xサーバーにログインします。

Xサーバーログイン
ご契約一覧 > サーバー > ファイル管理 を選択

ログイン後、ページを半分くらいスクロールして、「ご契約一覧」の中にある「ファイル管理」を選択します。

ファイル管理
ads.txtを設定するドメインを選択する

ファイル一覧が表示されるので、ads.txtを設定する「ドメイン名」のフォルダをクリックします。

以下画像では、本サイト「https://alwaysclimb.net/」を指定してます。

ファイル管理2

続いて指定したドメインの中の「public_html」を選択します。

public_html
ads.txtファイルをアップロードする

①パスが指定したドメインであることを確認し、
②「ファイルを選択」ボタンでads.txtを指定
③「ads.txt」が指定された事を確認し、
④「アップロード」を実行

adstxtup

正しくアップロードが完了すると、以下図のようにファイル一覧に「ads.txt」が表示されます。

adstxt-check

以上でサーバ側の設定は完了です。

最後にWebサイトに反映されているか確認しましょう。

ads.txtが反映されたことを確認する

確認するのは簡単です。[あなたのドメイン/ads.txt]入力してads.txtの内容が表示されたら設定は完了です。

例: https://alwaysclimb.net/ads.txt

web-adstxt

以上がads.txtの設定方法になります。

※注意※

上記内容はGoogle Adsenceを取り扱う上での、「ads.txt」設定手順です、他のASPを利用する際は、「ads.txt」への追記が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です